病気の原因と特徴について

腹痛

更年期障害とは、50代前後の女性に発症しやすい病気です。ちょうど閉経を迎えるころの時期に、女性ホルモンのバランスが崩れることによって起こり、約半数の女性が経験すると言われています。主な症状は身体的症状と精神的症状に分かれます。身体的なものだと、頭痛、肩こり、関節痛、冷え、腰痛などです。精神的なものだと、イライラ、集中力の低下、慢性的な憂鬱感や倦怠感などです。症状の度合いや現れる頻度、期間などは個人差があり、これ以外にも数百種類の症状があると言われています。更年期障害が重症化すると、家事が出来ない、布団から起き上がり活動することが出来ないなど日常生活に支障をきたしてしまうことも珍しくありません。

予防対策について

看護師

つらい更年期障害ですが、発症する前に予防する方法があります。それは、サプリメントを摂取すること。様々あるサプリメントの中でも、おすすめなのはエクオールという成分で作られたものです。エクオールは、大豆製品を摂取すると発生する大豆イソフラボンという成分に由来しており、女性ホルモンと非常に似た働きをするという特徴を持っています。そのため、効果的に摂取することで減少した女性ホルモンの働きを補い、更年期障害を予防出来、また症状を抑えることも出来るのです。他にも、プラセンタやビタミンEなども有効なサプリメントの一つです。同じように、女性ホルモンの働きを補ってくれます。通常の食品から摂取するより、サプリメントを使うと、簡単で効率よく有効成分を取り入れられます。

日々の生活にも気を付ける

女性

サプリメントを摂取するのと併用し、日常生活の習慣を改善することも大切です。更年期障害は、偏った食生活や運動不足などが影響して症状が出ることもあるからです。具体的には、栄養バランスの取れた食事を3食しっかり食べること。ただ、毎回バランスを考え用意するのが困難な場合は、まずはしっかり3食食べる、ということをスタートラインにするのも良いでしょう。さらに、エクオールを体に取り入れられる大豆製品、納豆、豆腐などを多めに食べるのもおすすめです。また、駅では階段を使う、5分でもいいから毎日歩く、など運動を日常化するのもおすすめです。適度な運動は体の活性酸素を除去し、抗酸化作用をもたらし身体的症状を和らげます。身体的症状が和らぐと、それに伴い精神的症状も和らいでいくことがあります。つらい更年期障害を乗り越えるために、少しずつ実践していくようにしてみましょう。

広告募集中